本日は夏に気を付けたい病気をお伝えさせていただきます。

低い気温と乾燥を好む冬の病気と違い、病気のウイルスや細菌にとって、高温多湿は絶好の環境条件です。

しかし、私達人間は暑さのために、睡眠不足になる、疲れやすくなる、食欲不振などの悪条件の中で過ごさなければなりません。

ですから、子供だけでなく大人も気をつけなければ、夏の病気にかかってしまいます。

特に抵抗力の弱い高齢者は、重症化することもあるので注意が必要です。

家族で気をつけていきたい症状や感染経路などを含め、夏に流行する主な病気やその対策をご紹介します。

1)手足口病

手足、口などに水疱が出来るウイルス感染による夏風邪の一種。7~10日ほどで完治。

※子供、高齢者注意!

【症状】のどの痛み、倦怠感、発熱、水疱、口内炎
【感染経路】経口感染、水疱からの感染
【合併症】まれに髄膜炎などを発症することがある。

2)ヘルパンギーナ(急性ウイルス性咽頭炎)

高熱が続き、喉の奥に口内炎が出来るウイルス感染による夏風邪の一種。7日ほどで完治。

※子供、高齢者注意!

【症状】高熱、口内炎、発疹、下痢
【感染経路】飛沫感染、接触感染(糞口感染)

3)プール熱(咽頭結膜熱)

高熱を伴い、喉、目の両方に炎症が見られるウイルス感染による夏風邪の一種。1~2週間ほどで完治。

【症状】高熱、目やに、充血など結膜炎症状、喉の炎症
【感染経路】飛沫感染、接触感染

4)とびひ(伝染性膿痂疹)

皮膚が赤くなり、びらんや膿疱ができる黄色ブドウ球菌による細菌性の皮膚の感染症。個人差があるので一概には言えないが、5~14日で完治する場合が多い。ひどい時はそれ以上の日数がかかる。

【症状】傷や虫さされに水ぶくれができ、痒みを伴う。掻いたところがただれ、広がる。
【感染経路】自家感染、接触感染、環境にある黄色ブドウ球菌と接触し起こる外因性感染

 

 

家庭でできる3つの予防!

食事の前や帰宅後には、必ず手洗いをする。

バランスのとれた食生活を!

暑さで食欲が落ちる夏は、それだけで体全体の免疫力が低下します。

良質なタンパク質、免疫を強化するビタミン群、腸内環境を整える食物繊維や乳酸菌などバランスの良い食事を摂ることも大切ですよ。

たっぷりと睡眠をとり、身体を休める

 

今迄は子供だけの病気だと思われていましたが、ここ数年は大人が発症し重症化になるケースがありますので、

大人の方もお子さんと一緒に睡眠・食事・衛生面に気を付けていきましょう!

 

 

 

 

ローズの花 鍼灸整骨院ロゴ
〒344-0031 埼玉県春日部市一ノ割1-7-6 白石ビル101号室
営業日
一ノ割map_l
交通事故治療・むち打ち専門フリーダイヤル 0120-396287

お問い合わせ・ご予約

line