当院では

春日部市以外でもスポーツでの怪我での学生が多く来院されています。

今回はスポーツ障害の中の、野球肩についてお話し致します。

野球肩は繰り返しの投球動作により発生する肩関節障害の総称で、

投球時の肩関節部とその周囲の痛みや運動障害をが主な症状です。

滑液包炎、棘上筋腱炎、上腕二頭野球肩筋腱炎、肩甲上神経麻痺、棘下筋萎縮、上腕骨骨端線障害(リト

ルリーグ肩)など、さまざまな病態が複雑にからみあって症状が出てきます。

 

特に小学生から高校生にかけての時期の、部活動や少年野球などで発生する事が多い疾患です。

この時期はまだ筋力も弱く成長期ため、関節や筋肉に負担がかかりやすく、

球速を増すための過度な投球練習により発生します。

お子様の場合、野球を頑張りたい気持ちと、自分の限界とのバランスが上手にとれないため、

無理をしてしまう傾向にあります。

一度痛み生じると痛みをかばうために代償動作起こり、

他の部分にも負担をかけてしまうため、より治りにくくなるという悪循環が起こります。

 

当院では、野球肩に対しては超音波治療や鍼灸治療、ストレッチなどを組み合わせて治療を行います。

お子様の場合、まずは保護者の方と一緒にご来院頂くのが良いかと思います。

お子様がどういった状態なのか、どういった治療を行っていくのか等、

不安な事はしっかりとご説明させて頂きます。

その後はお子様だけでのご来院でも問題ありませんので、学校帰りなど都合の良い時に治療を受けて頂けます。

ご不明な点はお気軽にご相談ください。

皆様のご来院を心よりお待ちしております。

ローズの花 鍼灸整骨院ロゴ
〒344-0031 埼玉県春日部市一ノ割1-7-6 白石ビル101号室
営業日
一ノ割map_l
交通事故治療・むち打ち専門フリーダイヤル 0120-396287

お問い合わせ・ご予約

line