こんにちは!

最近お腹の調子が悪いと思っていたら、風邪気味になってしまう方が急増しています!

皆さまお腹の健康のために色々と努力なさっているかと思いますが、乳酸菌と酵素、最近よく耳にするキーワードです。

違いをご存知ですか?

”乳酸菌”は糖質を分解して乳酸を作り、腸内を弱酸性にするため、悪玉菌の住みにくい環境を作り出します。そのため、悪玉菌より善玉菌が増え、腸内環境を整える働きをします。

乳酸菌は外部から摂り入れることは可能ですが、住み着くことが出来ず、いずれ体外に排出されます。

乳酸菌を摂取することで、善玉菌が優位な状態を作り、腸内のバランスを整え、小腸での栄養素の吸収をサポートしたり、腸の蠕動運動を活発にして、下痢や便秘の症状を改善したり、腸に働きかけ免疫力をUPして抵抗力の強い、病気にかかりにくい身体作りをします。

”酵素”は、腸内で働くアミノ酸で作られたタンパク質の一種で、体内に摂り込んだ栄養素とくっついて消化吸収を助ける働き(消化酵素)をしたり、ホルモンや新陳代謝・排泄(代謝酵素)に至るまでを常に酵素が働いてサポートしています。

酵素は外部から摂り入れても消化酵素や代謝酵素の代わりとして働くことはできません。しかし、本格的な消化活動の始まる前に胃の上部で『事前消化』として働き、その後の消化酵素の働きを軽減し、体内で作成した酵素をより多く代謝酵素として使う事が出来ます。

酵素を摂取することで、消化酵素に使われる分が少なくなり、より多くの酵素を代謝酵素として使えるようになると新陳代謝を高めることが出来、便秘や肩凝り、腰痛、神経痛、冷え性など色々な症状に効果があったり、脂肪を効率よく燃やしたり、皮膚の若返りを活発にしたり、美容やダイエット、健康面に効果があります。

以上のように、乳酸菌も酵素もどちらも健康を維持していく上で、とても大切なものであるので、どちらかが欠けてしまうことで体内環境に悪影響を及ぼすため、乳酸菌と酵素は両方とも維持していく必要があります。両方一緒に摂ることで相乗効果が期待出来、より健康なカラダを作ることが出来ます。

元々乳酸菌と酵素も身体にあるものではあるのですが、加齢とともに減少してしまいます。これらが減ることにより老化現象につながってきます。健康を維持していくには、乳酸菌と酵素両方を毎日摂取していく必要があります。

ダイエットなどご興味のある方は、摂取方法などありますので、お気軽にご相談ください。

048-795-6370

ローズの花 鍼灸整骨院ロゴ
adress_20181002

access_day_20181002_2
一ノ割map_l
交通事故治療・むち打ち専門フリーダイヤル 0120-396287

お問い合わせ・ご予約

line