今日は《自転車事故》についてお話しします。

埼玉県では4月から自転車保険への加入が義務付けられました。

自転車事故での高額賠償請求事例がニュースになったように、自転車事故に対する社会的責任の重みが増してきている状況です。

みなさんも忘れずに加入するようにしましょう。

 

もしも事故に遭ってしまった、自分が加害者になってしまった・・どちらももちろん、自動車事故と同じく、たいしたことがないと思っても勝手に判断せずに必ず警察へ届けましょう!

賠償を追及するにしても警察による事故証明が取れないと、大変です。もともと自転車による事故の場合、賠償の手立てが少ないですのですが、それでも必ず警察に連絡することが重要です。

事故証明が出ない、また加害者が誰であるか特定できない・・となると損害は自分で背負うしかないことになります。そんな辛いことはありません。

人身事故扱いでないと、後の賠償交渉の時に、「物損事故」だと言いくるめられたり、賠償額を減らされたりすることになりかねません。

また忘れてはならないのが加害者の氏名・住所・電話番号を忘れずに聞くことです。自転車には車のようなナンバーがありません。加害者を確実に記録しないと請求先がないことになります。

みなさん、自転車や自動車、バイクに乗られる際には十分お気をつけください。

そして、どのような事故であっても共通して言えることが「専門治療を早めに受ける」ということです。交通事故の程度によっては、軽い怪我で済んで良かった…と思われることもあるでしょう。
しかし、たとえ軽い怪我であってもそのまま放っておいてしまったことで、後々強い痛みが出てきたり、痺れや麻痺が出てきたり、そういった症状が慢性化してしまい治りづらくなってしまったりと重症化してしまうことも少なくありません。そのため、自己判断はせずに当院へお越しください。

お困りの際には当院にご相談ください。

詳しくはこちらまで→048-795-6370

ローズの花 鍼灸整骨院ロゴ
adress_20181002

access_day_20181002_2
一ノ割map_l
交通事故治療・むち打ち専門フリーダイヤル 0120-396287

お問い合わせ・ご予約

line