人生でほとんどの方が経験すると言われている腰痛。

腰は様々な状況で傷めてしまいます。

起き上がろうとしたときにピキッとなってしまったり、重いものを持った時に傷めたり、

スポーツ活動中に傷めたりなど様々です。

ご高齢の方だと、転んだりしたときの衝撃で圧迫骨折をしてしまうことも多々あります。

他にも内臓の問題で腰に痛みが出たりすることもあります。

一般的に多いのが、筋筋膜性腰痛や、ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎分離症などです。

筋筋膜性腰痛は単純に筋肉の疲労による腰痛です。

腰に関係する筋肉はたくさんあります。

広背筋と呼ばれる大きい筋肉は腕の方からついていて、腕の動きにも影響を受けます。

他にも多裂筋と呼ばれる身体を反らせたり、捻ったり、横に倒したりする筋肉があります。

そういった筋肉たちが過使用や過負荷によって小さい傷をおって痛みが出たりします。

ヘルニアは背骨の間にある椎間板と呼ばれるところの中にある髄核というゼリー状のものが

外に飛び出してしまうことで神経を圧迫し痛みを発生させます。

椎間板に傷がつくことでそこから漏れ出てしまうこともあります。

脊柱管狭窄症は字のままで、脊柱管と呼ばれる脊髄神経が通っているトンネルのような

部分が狭くなってしまうことです。

骨の変形などで起こってしまいます。

脊椎分離症は背骨の椎弓と呼ばれる部分が折れてしまったものです。

不安定になってしまうので周りの筋や靭帯に負担がかかります。

この様に様々な原因で腰痛は起こります。

しかしこれらに共通するのは姿勢や身体のバランスの崩れによるものという事です。

原因は様々ですと書きましたが、その更に根本にあるのは実は大体同じようなものだったりします。

背骨は本来は全体的に見るとS字カーブを描きます。

しかし、座ってる姿勢が続くことや、猫背、スポーツなどでそのS字カーブが崩れていくと

本来の骨の位置からずれてしまうので、本来そんなに働かなくてもいい筋肉が過度に活動してしまいます。

筋肉の過活動により筋筋膜性腰痛になったり、最終的には骨の方にもストレスがかかってきます。

この様に腰に負担がかかる動きは日常の動作から生まれてきます。

仕事やスポーツ活動による偏りはある程度は仕方ありません。

しかし、ONになり続けている筋肉たちをOFFに出来る能力がないといずれその部分はショートしてしまいます。

ショートする前に身体の余計に負担のかかっている部位を解放してあげましょう。

腰に不安のある方は是非当院にご相談ください。

スタッフ一同お待ちしております。

048-795-6370

ローズの花 鍼灸整骨院ロゴ
adress_20181002

access_day_20181002_2
一ノ割map_l
交通事故治療・むち打ち専門フリーダイヤル 0120-396287

お問い合わせ・ご予約

line