先日膝の痛みで来院された方が鍼灸治療をうけ

楽になったと帰って行かれました。

 

今回はその膝の痛みの中の1つ

「変形性膝関節症」についてお話します。

 

そもそも膝の構造というのは

大腿骨、脛骨、膝蓋骨という3つの骨からなり

それぞれの骨には骨同士が直接ぶつからないように軟骨が付いています。

その軟骨は関節液で栄養され、潤滑油ともなっています。

周囲は靭帯や筋肉で固められていて、関節の中にも靭帯がついているので

安定性がとても高いです。

このようにしっかりとした構造になっているのも

身体を支え、様々な運動を行う必要があるからなのです。

そういう点から考えても負担が大きくかかることが想像つきますね。

 

長い月日が経つにつれて圧迫を受け続けている軟骨がすり減っていき

クッションとしての働きを果たせなくなり骨と骨が近づいてしまいます。

そういう状態になると、骨に刺激が伝わりやすくなり

骨が増殖や変性を起こして棘のような骨が出来てきます。

また骨のすり減りや変性・刺激によって炎症が起こり関節に水が溜まることにもなります。

このような症状が組み合わさり、変形性膝関節症と言われる病気となります。

 

好発年齢は中年以降の女性、特に肥満傾向の方に多いとされています。

体重がある分それを支える膝への負担が多くなるためです。

もちろん男性にも起こりますが、女性のほうが男性より約2倍の発症率だと言われています。

 

変形性膝関節症には鍼治療も効果的です。

しかし物理的に変形してしまった物を改善することはできません。

でも周辺の血流を良くしていくことで痛みを軽減したり

痛みが出ていた事により動かしずらかった関節の可動域の制限を広げていくことはできます。

また、血流を良くすることで炎症を抑えることもでき、水が溜まることも防げます。

 

膝が悪いと歩き方も、姿勢も変わっていき力の使い方にも無理が生じることになります。

そうなると腰痛や肩こりの原因にもなります。

膝の痛みが改善したら腰痛や肩こりも改善されるという可能性は大いにあるのです。

 

辛さを抱えている方がいましたらぜひ当院にお越しください。

全身の状態を見て、1人ひとりにあった治療法を行っていきます。

一緒に症状を改善していきましょう。

 

鍼治療は予約制になっております。

ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

ローズの花 鍼灸整骨院ロゴ
adress_20181002

access_day_20181002_2
一ノ割map_l
交通事故治療・むち打ち専門フリーダイヤル 0120-396287

お問い合わせ・ご予約

line