今回は、手根管症候群についてのお話です。

手根管とは、手のひらの親指の付け根くらいの高さから手首にかけての部分にあり、骨と靭帯に囲まれたトンネルのような構造になっています。

その中を正中神経や筋肉の腱が通っていて、この部分での圧迫や炎症によりしびれや痛み、運動障害を起こす病気を手根管症候群といいます。

症状としては、まず人差し指、中指を中心にしびれと痛みが起こることが多く、これらは朝起きた時に症状が強く、手を振ったり指の運動をすることで少し楽になるという特徴があります。ひどいと、夜中痛みで目が覚めることもあります。

進行すると、親指の付け根の母指球筋という筋肉が委縮して痩せてきます。

そのため、親指を他の指と向かい合う位置にもっていく対立運動ができなくなります。また細かいものがつまめなくなります。

 

特発性というものが多く、原因不明とされていますが妊娠・出産期や更年期の女性が多く生じるのが特徴です。
そのほか、骨折などのケガ、仕事やスポーツでの手の使いすぎ、透析をしている人などに生じます。さまざまな原因があるので、ひとつに限定することが難しいようです。

 

上記の症状があるときはまずは病院で受診してください。

また、なにかお困りの際には当院にご相談ください。

048-795-6370

ローズの花 鍼灸整骨院ロゴ
〒344-0031 埼玉県春日部市一ノ割1-7-6 白石ビル101号室
営業日
一ノ割map_l
交通事故治療・むち打ち専門フリーダイヤル 0120-396287

お問い合わせ・ご予約

line