当院では、部活動や運動をされている方が多く来院されます。

本日はリトルリーガーズショルダーについてお話をしていきます

正式名称は上腕骨上端部骨端線離開(じょうわんこつじょうたんぶこったんせんりかい)と言います。
 いわゆる野球肩は、成長期でも成人でも起こりますが、その痛みの本態は別のものとなります。だいたい15歳未満の成長期では、上腕骨上端部の成長軟骨に障害が起こり、肩の痛みを発生します。一方で15歳以上の成人の骨格 に近くなった場合では、肩関節の周囲を補強する靱帯や筋肉、腱などの障害により痛みが発生します。従って、成長期に起こる野球肩をリトルリーガーズショルダーといい、10代後半以降のベースボールショルダーとは分けて扱われます。
 成長期の野球肩は、上記の通り、上腕骨上端部の成長軟骨に起こる骨端症(こったんしょう)もしくは成長軟骨の疲労骨折(骨端線離開)です。
※ 上腕骨の骨端症と骨端線離開の違い
 レントゲンなどの検査で、明確な成長軟骨の損傷がみられない場合は、骨端症もしくは骨端炎と診断されます。一方、成長軟骨やその隣接する骨に損傷がみられ、いわゆるひびや骨折状態であれば、完全な離断が無くても骨端線離開と診断されます。
 単純な骨端症(骨端炎)でも、実際には成長軟骨の細かな「ひび」などの微細損壊が存在する場合が多く、その状態で新たに強い外力を受けると骨折や離開を起こす確立が高くなります。従って、骨端症を生じたら、炎症が治まるまで安静にすることが大切です。無理をして悪化させると結果的に復帰時期が大幅に遅れることとなります。

当院ではこのような方の痛みに対しての手技療法や超音波療法、鍼灸治療などを行っていますので、

ご不明な点はしっかりとご説明させて頂きますので、お気軽にご相談ください。

ローズの花 鍼灸整骨院ロゴ
〒344-0031 埼玉県春日部市一ノ割1-7-6 白石ビル101号室
営業日
一ノ割map_l
交通事故治療・むち打ち専門フリーダイヤル 0120-396287

お問い合わせ・ご予約

line