本日は【ゴルフ肘】についてお伝えいたします。
こちらはテニス肘の多くが外側上顆に発生するのに対して、内側上顆に殆ど発生します。

正式名称は上腕骨内側上顆炎と言われます。
原因としては正しいフォームによるスイングが出来ないため、

手首を使う事で内側上顆についている手首を曲げたり腕を内側に向ける筋肉に負担がかかり

その筋肉の付着部である内側上顆に炎症を起こすことになります。
発症年齢は幅ひろく、その多くが正しいフォームや自己流でやっている方々の多いアマチュアに多くなります。
正しいフォームを身に着けることで改善されますが、

一度発生してしまった痛みを引いたり自分だけでケアを行うことは難しいと思います。
大好きなゴルフも一緒にやっていくためにも当院でケアをしながら治療していきましょう。
お待ちしております。

ローズの花 鍼灸整骨院ロゴ
〒344-0031 埼玉県春日部市一ノ割1-7-6 白石ビル101号室
営業日
一ノ割map_l
交通事故治療・むち打ち専門フリーダイヤル 0120-396287

お問い合わせ・ご予約

line