ぎっくり腰は『急性腰痛』とも呼ばれていて、いきなりグキっという衝撃と共に、腰が強烈な激痛に襲われ、症状が重いとその場で動けなくなることもあります。中腰で荷物を持ち上げようとした瞬間にグキっと激痛が走ったり、よろめいて片足を勢いよくついてしまった瞬間などにぎっくり腰になりやすいので注意してください。

ぎっくり腰になる原因はさまざまですが、代表的なものが《筋肉の慢性的な疲労》・《骨格の歪み》と言われています。

日常生活を送る中で、筋肉疲労は必ず起こります。少しずつ溜め込んだ筋肉疲労が、あるとき負荷の許容範囲を超えてしまい、腰痛として発症してしまいます。それには睡眠不足や栄養バランス、運動不足が筋肉疲労の蓄積に大きく関係しています。

また、骨格の歪みによって、体にかかる負担がアンバランスになって、ある一定の箇所に負荷がかかることもぎっくり腰を発症させる原因です。

なるべく同じ体勢を長時間しないこと、適度な運動をすることがとても重要だと言えます。

もしもぎっく腰になってしまったら、無理に動こうとせずに、2~3日は安静にしてください!!お風呂に入るのは避けましょう。

なにかお困りの際には当院にご相談ください。

048-795-6370

ローズの花 鍼灸整骨院ロゴ
adress_20181002

access_day_20181002_2
一ノ割map_l
交通事故治療・むち打ち専門フリーダイヤル 0120-396287

お問い合わせ・ご予約

line