皆さん、こんにちは。

本日は小・中学生のスポーツをする学生に多いオスグッド病についてお伝えいたします。

このオスグッド病とういうのは膝のまわりに痛みが生じる病気の一つです。

冒頭にも記述いたしましたが、10~15歳の、骨がまだ成長段階にある学生に多いとされています。

特にサッカーやバレー等の、ジャンプやキックを伴う動作を過剰に行い続けることで、

すねに付着している腱の牽引により痛みが出てしまいます。

症状としては、膝のお皿の下あたりが徐々に突出してきて痛みや、熱を感じたり、赤く腫れたりします。

X線を取ると明確に異常がわかりますが、見た目は突出しているだけであり、

その痛さというものを理解してもらえないことが多いのが発症者のネックになるそうです。

根本的な治癒を目指すときは、スポーツを完全に中止し休養を取る事が良いとされています。

ただ、そうもいっていられないスポーツ学生は多いのが実際だと思います。

また、膝周りの病気はオスグッド病以外にも多く素人判断をすることは危険です。

当然ですが膝周りが痛いから成長痛…と決めてかかることも危険です。

当院は国家資格を持った専門の先生が診断します。

学生の方で、膝回りの痛みに悩んでいるのなら是非当院に一度お越し下さい。

お電話でのご相談もお待ちしております。

048-795-6370

ローズの花 鍼灸整骨院ロゴ
〒344-0031 埼玉県春日部市一ノ割1-7-6 白石ビル101号室
営業日
一ノ割map_l
交通事故治療・むち打ち専門フリーダイヤル 0120-396287

お問い合わせ・ご予約

line